睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群のイメージ

家族や友人から睡眠中のいびきや、呼吸が止まっていると指摘されたことはありませんか? もしそうであれば、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を考えてみて下さい。

睡眠時無呼吸症候群をセルフチェック!

睡眠時無呼吸症候群セルフチェック

但し、このセルフチェックシートは、あくまでも目安となります。 この数値のみで判断せず、「いびき・無呼吸」などでご心配のある方は、遠慮なくご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り「睡眠時」に「無呼吸」を起こす病気です。英語(Sleep Apnea Syndrome)の頭文字をとって「SAS」と略すことがあります。

なぜ治療が必要なのか?

睡眠時無呼吸症候群のイメージ

呼吸は30秒以上止まってしまうこともありますが、そのまま死んでしまうということはありません。
しかし、無呼吸が何年も続くことで身体に負担がかかり、高血圧、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、糖尿病、脳卒中などを合併しやすく、放置された重症の人は8年後の生存率が63%と報告されています。

また、強い昼間の眠気から起きた鉄道の居眠り運転事故など、社会的にも大きな問題となっています。

日本での患者数について

決して特殊な病気ではなく、我が国における患者数は約200~300万人と推定されています。
さらに問題なのは診断率であり、85%以上が未診断のまま放置されています。
最近ようやくマスコミなどで取り上げられるようになりましたが、自分ではなかなか気付きにくく、また気付いたとしても、「いびきや眠気なんかで病院に行きたくない」と、 医療機関を受診する方が少ないのが現状です。

なぜ呼吸が止まるのか

睡眠中に、空気の通り道である気道が閉塞することによって起こります。
気道が閉塞しやすくなる要素は、肥満や扁桃肥大、舌が大きい、顎が小さい、首が短くて太い、飲酒、睡眠導入剤、喫煙、などがあげられます。

睡眠時無呼吸症候群

主な症状について

90%以上の方は、いびきや無呼吸を家族から指摘されています。他に日中の眠気や倦怠感、夜間睡眠中の目覚め、不眠、起床時の頭痛、インポテンツなどがあります。
また、性格の変化として無関心になったり、時にイライラしたりすることもあります。

0000

多くの方は日中の眠気、いびき、全身の疲れやすさ、夜間の息苦しさ・呼吸停止
といった症状で来院されます。

チャート矢印

冒頭のセルフチェックシートを記入して頂きます。

チャート矢印

問診・聴診・血圧測定などで合併症のチェックをします。(必要に応じて検査を追加します。)

チャート矢印

簡易型睡眠呼吸モニターをお持ち帰りいただき、寝る前に着けて睡眠中の無呼吸を調べます。

チャート矢印

次回のご来院で治療方針を相談し、結果次第では、
連携している新座志木中央総合病院などでの精密検査入院(1泊)をご相談します。


治療について

睡眠時無呼吸症候群のイメージ

まずは減量、飲酒や睡眠導入剤の制限、禁煙など、生活習慣の改善から始まります。さらにその上で、必要な方にはCPAP(Continuous Positive Airway Pressure:持続陽圧呼吸)療法をおすすめします。

CPAP療法とは、図のように鼻マスクをつけ、枕元においた小型機械から鼻を介して気道に空気を送り込み、閉塞した気道を開放してあげるものです。
ほかには、マウスピース療法や耳鼻咽喉科的手術療法などもあります。

CPAP療法

CPAPによる治療中の方は、月1回の外来で診察を行い、合わせてCPAPの使用状況などをチェックします。健康保険が適応されており、診察と機械レンタル費用を合計したご本人負担は毎月約5,000円程です。

医院概要

あいかわ循環器内科・内科

所在地
〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台6丁目-3-34
電話
048-461-8585
FAX
048-461-8587
最寄駅
東武東上線朝霞駅東口から徒歩2分

診療時間

診療時間表

アクセスマップ

googlemapへリンク

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

pagetop

あいかわ循環器内科・内科

Copyright©   あいかわ循環器内科・内科. All rights Reserved.